読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入浴剤。


入浴剤が好きだ。

特にどのメーカーのこれが好き!といったものはなく総じて好きだ。

昔は高級品のような、少し他の商品と比べると異彩を放つ存在だったが、最近はよくコンビニでも売っているので手軽に入手できるようになったので身近な存在になっている。今回はその入浴剤の話。

 

洗面台の下の収納が混雑してきたので整理をしていると入浴剤を発見。しかも2つ。

比較的年数は経過していないと思われる。しかし日数が経過すると炭酸の発泡能力が低下しており入浴剤の効果が発揮されていないと感じた事があった。

同じ事を繰り返したくないと感じながらもパッケージを見る。

(そもそも放置されたままの状況を繰り返す事自体やめた方が良い事はどうか聞かないで欲しい)

・高ぶった気持ちを落ち着けたい時に

・落ち込んだ気持ちを高めたい時に

とそれぞれの表面に記載されている。疑問符が頭の中を駆け巡る。

何を目的として購入したのか。おそらくコンビニで購入し初見だったので試しで購入したのか。それともその場の勢いか。

ストレスが溜まっていると無駄な買い物に走ってしまう傾向にあるのでその場の勢いだったのだと推察される。

それにしてもここまで対極なものをしかも同時に購入したのか。わからない。

その当時の自分に聞いてみたい気もするがどう考えても「その場のノリ」という一番曖昧な返事が来そうである。

 

とりあえずどちらか開けてみようと自分の気分を確かめた。

なるほど今は高ぶっている気がするので落ち着けてみようと前者を選択し投入。

入浴してみたものの劇的な変化は訪れる事はなくいい香りに包まれて満足した。

後日もう1つも試してみたが同様の感想である。

 

結論。

どちらも変わらない。入浴すること自体にリラックス効果がありその付帯としていい香りがついてくる。それだけのこと。

それがわかっているのにやめられないのは学習能力が低いのではなく日頃からリラックスを欲していて、その欲求を満たす為に数は違えど大なり小なり購入する。そして購入した事によって満足が得られているのであればそれで十分である。

 

また使わない入浴剤が増えそうである。

おひさしぶり。

気がつけばもう4月。早い。

もうあと8ヶ月で2017年も終わり。

ここのところ忙しいと言えば忙しかったんだと思いますが、忙しいかどうかというのはその人の思い次第なのであまり尺度としては見れないかなと思ったり。

 だったら忙しくなかったのか。

普通の会社員なら確かに期末だし月末だしで忙しいんだと思いますが如何せん閑職なワタクシとしては職場的には忙しくない。

その代わり心の方が忙しかったように思うわけです。

 そう、心に余裕がないんです。

だから仕事がいくら暇で簡単な業務であってもちょっとの事でミスしたり、不安になって周りに確認したり。

周りに確認できるうちはいいと思うんですけどね、そうじゃなくなった時を考えるとゾッとしてしまう。あー怖い。

 

何事も適当がいいんですが、なかなかそう簡単にいかないものですな。

そんな事を朝から考えてたらもうこんな時間。

さあ今日も頑張ろう。

更新日数。

1日1更新できればいいんでしょうけどね、ネタが無いんです。

いやあるけど長くなるから時間が欲しいんです。

スマホで更新とかやり方知っていますが小さい画面がツラいんです笑

 

ということで不定期更新決定。

音楽と私。

好きなアーティストは誰ですか?

と聞かれて誰と答えるか。私の場合非常に困る。

何故か。

 

理由その1

好きなアーティストが多い

星野源(SAKEROCKも含む)

平井堅

福山雅治

桑田佳祐(サザンオールスターズも含む)

コブクロ

・ゆず

・Superfly

・JUJU

CHEMISTRY

DREAMS COME TRUE

・Bruno Mars

東京スカパラダイスオーケストラ

などなど絞れと言われると難しい。全部好きなものは好きなのだ。

 

理由その2

アーティストも好きだがライブ等のサポートメンバーが好き

金原千恵子(Violin)

小倉博和(Guitar)

・武嶋聡(Saxophone)

山本拓夫(Saxophone)

西村浩二(Trumpet)

村田陽一(Trombone)

中川英二郎(Trombone)

などなどこちらも挙げたらきりがない。

 

理由その3

アーティストもサポートメンバーも好きだが作・編曲家が好き

服部隆之

菅野祐悟

佐藤直紀

沢田完

などなどこれも同様。

 

そしてこれ以上に面倒な理由。

誰も私の音楽の話題についていけず気まずい空気が流れる。

いわゆるマニア、ヲタクと言われる部類になる。

(この表現をされるのは仕方ないが当人としては嫌である)

話し出したら本当にキリがないし、

何ならドラマのサントラが流れようものなら

「あ、これあのサントラ」

「この音楽はこの人」

「この音色はあの人」

などとその場で言い当ててしまう程である。

極めつけは1音だけでこの曲だとわかってしまう事がある。

「すごいねー」

とか言われるが凄くも何ともない。非常に鬱陶しい。

絶対音感もあるのだと思う。

本格的なテストをした事はないがひとたび音が鳴ると音名が頭の中で並んでいる。

なので普段から新曲が出たらCDなり配信なりで音源を入手するが曲全体を通していい曲だ!!と言えるようになるのに時間がかかる。

Vocalが一緒に聴こえるようになるまで数日、最悪数ヶ月といった具合だ。

 

最近はもうドン引きされるのがわかっているので言わなくなったが

音に対するこだわりが自分の中で非常に強いため稀にこの癖が出てしまう。

そうなったら最後、この内容を説明するが、途中で飽きられる。

それももう慣れた。何なら「だったら聞くなよ!」と逆ギレしたいが我慢。

だって相手はそこまでわかってないんだもの。

本当はこの人のここの歌い方がね、とかこの音色出し方がねとか言ってみたい。

嗚呼、この感情を誰かと一度でいいから共有してみたいものである。

SNS断ち。

昨日あたりからSNS断ちをしている。

mixiも退会し、Facebookを退会申請をした。

Twitterも辞めようかと思ったが踏みとどまっている。

 

何故か。

回答は至って単純。

必要な回答がある程度まとまって表示されるからだ。

....と言うと聞こえはいいが果たして本当にそうなんだろうか。

 

mixiFacebookは友人との繋がりが非常に濃い。

一度何か投稿しようものならいいねやコメントがつく。

いいねだけならまだしもコメントがつくと返信しなければならない。

これはTwitterも同じだが、変に義務感を背負ってしまう事になる。

いやいやいや考えすぎだろお前さん!と思ったそこのアナタ。

Twitterの場合は考えすぎだろと確かに思うが、Facebookはどうだろう。

知ってる人だ。しかも中には実際に会ってる人もいる。

そんな人からコメントを頂戴したにも関わらず

返信をしないのは失礼極まりない行為だ。

それは相手がどう思ってるのかどうかは知らない。

もしかしたらそんな事は何も考えていないのかもしれない。

そうだとすればこれほどハッピーな状況はないがそれはほぼない。

表面上には出ないだけで腹の底では思っているはずだ。

何でコメント返さないの?ちょっと??と。

そこから関係がギクシャクしてしまい疎遠になる....

と非常によくない結果が待ち受けている。よくない。本当にダメ。

 

ということで元来人見知りという部類に属され続け早ウン十年。

この濃密な付き合いからはオサラバしようと思い退会に踏み切ったのだ。

まぁmixiFacebookも最近は開くことすらしてなかった、というのが本音だが笑

 

じゃあTwitterはどうか。

このツールも同じ状況に陥る可能性が多分にある。

というかもう既になっている。

さてどうしたものか。

これは返信をした方がいいのか?

でも返す言葉が見つからないなぁ

今日もまたTwitterを開きながら思い返すのである。

ちょっと始めてみました。

今更間のあるブログをこの期に及んでやってみようかと思う所存。

今やTwitterとかFacebookとかInstagramとか色々あるみたいですが、

文字で伝えるツールってあんまりないのでは?と。

 

Twitterは文字で伝えるツールだけど140字という制約があったり。

(勿論それだけで伝える技術はあって損はない)

Facebookは自分に合ってない気もするし。

Instagramはそもそも更新する気もないし←え?笑

 

てなわけで大昔にやってたブログを

思い切ってもう一回やってみようと思う所存。

と言っても大それたことはすることもなく、

日々の出来事的なものをつらつらと書き並べるだけ。

 

覚え書き....みたいなものかな笑

 

更新はその都度思った時にダーッと並べるので不定期ですので。

お暇があれば見てやってください<(_ _)>