読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽と私。

好きなアーティストは誰ですか?

と聞かれて誰と答えるか。私の場合非常に困る。

何故か。

 

理由その1

好きなアーティストが多い

星野源(SAKEROCKも含む)

平井堅

福山雅治

桑田佳祐(サザンオールスターズも含む)

コブクロ

・ゆず

・Superfly

・JUJU

CHEMISTRY

DREAMS COME TRUE

・Bruno Mars

東京スカパラダイスオーケストラ

などなど絞れと言われると難しい。全部好きなものは好きなのだ。

 

理由その2

アーティストも好きだがライブ等のサポートメンバーが好き

金原千恵子(Violin)

小倉博和(Guitar)

・武嶋聡(Saxophone)

山本拓夫(Saxophone)

西村浩二(Trumpet)

村田陽一(Trombone)

中川英二郎(Trombone)

などなどこちらも挙げたらきりがない。

 

理由その3

アーティストもサポートメンバーも好きだが作・編曲家が好き

服部隆之

菅野祐悟

佐藤直紀

沢田完

などなどこれも同様。

 

そしてこれ以上に面倒な理由。

誰も私の音楽の話題についていけず気まずい空気が流れる。

いわゆるマニア、ヲタクと言われる部類になる。

(この表現をされるのは仕方ないが当人としては嫌である)

話し出したら本当にキリがないし、

何ならドラマのサントラが流れようものなら

「あ、これあのサントラ」

「この音楽はこの人」

「この音色はあの人」

などとその場で言い当ててしまう程である。

極めつけは1音だけでこの曲だとわかってしまう事がある。

「すごいねー」

とか言われるが凄くも何ともない。非常に鬱陶しい。

絶対音感もあるのだと思う。

本格的なテストをした事はないがひとたび音が鳴ると音名が頭の中で並んでいる。

なので普段から新曲が出たらCDなり配信なりで音源を入手するが曲全体を通していい曲だ!!と言えるようになるのに時間がかかる。

Vocalが一緒に聴こえるようになるまで数日、最悪数ヶ月といった具合だ。

 

最近はもうドン引きされるのがわかっているので言わなくなったが

音に対するこだわりが自分の中で非常に強いため稀にこの癖が出てしまう。

そうなったら最後、この内容を説明するが、途中で飽きられる。

それももう慣れた。何なら「だったら聞くなよ!」と逆ギレしたいが我慢。

だって相手はそこまでわかってないんだもの。

本当はこの人のここの歌い方がね、とかこの音色出し方がねとか言ってみたい。

嗚呼、この感情を誰かと一度でいいから共有してみたいものである。